ふるさと納税 期限

ふるさと納税 期限

ふるさと納税自体は、年中いつでもできます。
ふるさと納税をする方は、ほぼ全員が税金の控除や還付を考えています。

 

所得税からの還付や住民税からの控除のためには、確定申告が必要です。そのためには、毎年1月1日から12月31日までに寄付した寄付金の合計額が確定申告の対象になります。

 

なので、ふるさと納税の期限は毎年12月31日と言えます。
12月31日までに寄付金が決済されていることが必要で、申し込んだだけではダメなんです。

 

決済とは、銀行振込みなら、自治体の口座に入金していることです。クレジットカード決済は、即時処理のため、12月31日の寄付でも大丈夫です。

 

ワンストップ特例の場合も同様に、12月31日に決済された寄付までが対象になります。

 

ワンストップ特例の場合は、寄付したのちにワンストップ特例申請書を自治体に郵送して、寄付した翌年1月10日までに自治体に到着していることが条件です。

 

 

もしも決済が1月になってしまったら、1年後の確定申告になります。ワンストップ特例申請を出しても、反映されるのは1年後になります。

 

【まとめ】
税金の控除のためには、12月31日までの寄付と決済が期限です。

 

 

過去の寄付の履歴を見たり、寄付の際に住所を入力しなくても良かったり、マイページで管理できる無料会員登録が便利です。

 

⇒ さとふる 無料会員登録
⇒ ふるなび 無料会員登録

 

 

プロフィール
page top