ふるさと納税の還元率は3割

ふるさと納税の還元率は3割まで

ふるさと納税では、多くの自治体が寄付に対する返礼品を用意しています。返礼品とは、寄付をした金額に応じてもらえるお礼の品のことです。

 

返礼品の金額が、寄付金額の何割を占めるかという割合を還元率と言います。

 

例えば、返礼品の金額が2千円で、寄付金額が1万円の場合は
(2000円/10,000円)×100=20%で還元率は2割です。

 

2018年頃までは、還元率70%などという返礼品がたくさんありました。中には商品券のような金券が多くあって、高還元率の返礼品欲しさに多くの寄付が集まりました。

 

100万円の寄付をすると70万円の金券がもらえて、実質2,000円の負担で済むというので、高額所得者の寄付が集まりました。当サイトでご紹介している総合サイトからも、100万円以上の寄付がとても多かったのです。

 

還元率は2019年税法改正で決定

 

2019年6月から地方税法が改正され、返礼品は地場商品に限るとともに、還元率は3割以下とされました。これはやむを得ない改正だったと思います。

 

還元率が上がるほど、寄付を受けた自治体に実質的に入るお金は少なくなります。度が過ぎると、何のためのふるさと納税か分からなくなりますね。返礼品転売ビジネスが出てきたりすると、ふるさと納税の意義が違ってきます。

 

今ではどの自治体のふるさと納税も、返礼品の金額は寄付金額の3割までとされています。

 

 

ふるなびでは、ふるさと納税をした人に、自治体からではなく「ふるなび」からAmazonギフト券がもらえます。

 

⇒ ふるさと納税「ふるなび」

 

 

プロフィール
page top