高額な収入の方のふるさと納税 究極の節税対策

高額な収入の方のふるさと納税 究極の節税対策

毎年12月は、ふるさと納税が一番混雑します。

 

12月31日までに寄付が完了した寄付金が、来年の確定申告で控除を受けられためです。

 

2021年の確定申告期間は

 

2021年2月16日(火)から3月15日(月)までです。

 

高額所得者がふるさと納税をするとお得なわけは

 

1.寄附金額から2,000円を引いた金額が税金の控除という形で戻ってくる

 

2.寄附金額のおおむね3割の豪華な返礼品がいただける

 

この2点です。

 

 

たとえば、寄付の上限が100万円の人が100万円の寄付をすると

 

・30万円相当の返礼品がいただける

 

・99万8千円が税金の控除という形で戻ってくる

 

 

つまり、実質2,000円で30万円相当の返礼品がいただける上に

 

収めた税金のうちから99万8千円が戻ってくるのです。

 

 

言い方を変えると

 

2,000円の寄付をすると

 

99万8千円が税金から戻ってきて

 

30万円相当の返礼品がいただける

 

悪くないですよね。

 

これは究極の節税対策かも。

 

しかも、法律で定められた制度なので、完全に合法です。

 

 

注意点は一つだけ

 

寄付の上限を正確に確かめましょう。

 

大まかな数字なら次のページから確認できます。

 

⇒ 寄附金額の上限

 

 

いろいろな収入があったり、いろいろな控除がある場合は、契約している税理士の方に確かめてください。

 

 

プロフィール
page top